« 大阪出張 | トップページ | カメとテントウムシ »

2004/05/20

「燃える集団」

土曜日の夕方、本屋に行く機会があって、そこで見つけた本が、運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章.です。

ソニーの偉い人が書いた、ちょっとアヤシイ系の本だというのでちょっと前から気になってたのだけれど、著者の名前がうろ覚えだったのでそのままになってました。

この本の中で、この人が名づけたという「燃える集団」についての話が結構面白く、ちょうど私が今やろうとしてることと少しリンクしてるようです。

カンタンに言うと「燃える集団」とは、チームが怖いものナシの状態になっていることをあらわします。
他人による評価・統制状態(外発的報酬←チクセントミハイの言葉)によらず、いろいろな条件はありますが高揚感を伴ってみんなが行動に集中・没頭している状態になることで、スイッチが切り替わって、あらゆる問題が解決できてしまうようになったりするようです。

現在、私の周りでは「他人による評価・統制状態」があまりにも表に出すぎているために、ほとんどの人がやる気が無くなっている状況です。今年に入ってからは、毎月辞める人が居ます。
なので、少しでも達成感があり、それぞれの有能さを確認できる場を持てないか、と、たまたま上からの業務命令(たったメール1通だけによる指示)によりチームを組むことになった面子で、ミニ・プロジェクトを動かしてみようというわけです。
実際、知識面で引っ張っていくのは最年少ながらその業務に一番詳しい人ですが、私が最年長(働いてるのも長いし)なのでとりあえずとりまとめをしています。
たった4人でも「燃える集団」になるのかどうかは分かりませんが、停滞した気分が少しでも払拭できればなぁと思ってます。どうなるでしょう

|

« 大阪出張 | トップページ | カメとテントウムシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12701/10151164

この記事へのトラックバック一覧です: 「燃える集団」:

« 大阪出張 | トップページ | カメとテントウムシ »