« 決算書のお勉強 売上高営業利益率編 | トップページ | ひさびさのフランス語 »

2004/11/01

なぜ男は後ろめたさに鈍感なのか

…これは、お仕事してても子は育つという本の中のひとつの章の題。
副題にもあるように働くママの「後ろめたい症候群」を軽くしてくれる本です。

以下はその章の中からの抜粋です。

パパのためのクイズ
…あなたは後ろめたさを感じますか

あなたはこれまでに

1.赤ちゃんのおむつを替えた事がありますか?

2.お子さんをお風呂に入れたことがありますか?

多分ここまではいまどきのパパなら楽勝のはず。

あなたはこれまでに
1.お子さんの衣類を買ったことがありますか?
2.お子さんのスニーカーが小さくなったのに気づき、奥様から言われるより先に、自発的に、新しいのを買いに出かけたことがありますか?

多分ここまでで、少し脱落する人がいる気がする。

あなたはこれまでに
2.勤務中、ふと、お子さんが、クリーニング店のビニール袋をいたずらして、窒息しかけていたらどうしようと不安になり、家に電話を入れたことがありますか?
4.仕事にかまけて、お子さんの宿題を手伝ってあげなかった、あるいは代わりにしてあげなかった、ことで気がとがめた経験がありますか?
5.出張から戻ったあと、お子さんとスキンシップを図るため、会社を一日休んだことがありますか?

なーんてことになるとかなり居ないような気がする。

私の夫の場合、かなりレベルは高いと思うのだけれど、常に考えている訳ではない、忘れてることがある、といったところで私の怒りが爆発したりすることがあります。
同じように鈍感になれたらかなりラクだろうと自分でも思ったりするのですが、8年そういう暮らしをしてきても、なかなか難しいことです。

なので、時にはこの本の別の章のように、笑い飛ばしていくわけです。

他にも身につまされる表現がいっぱい。
引用しすぎるのもよくないのかもしれませんが。
私も欲しいっ!

ワーキングマザーが望むもの
◆温泉で週末を過ごすこと
◆住み込みの小児科医
◆給食宅配サービス
◆大雪のために学校閉鎖をすることを禁じる条例
◆ブラウスのほころび専用のセロテープ
◆キャリアウーマンを妻に持つ男性上司
◆温泉で1週間を過ごすこと
◆妻(専業主婦)
◆子供を持つ女性上司
◆2年間の休職
◆温泉で2週間を過ごすこと

|

« 決算書のお勉強 売上高営業利益率編 | トップページ | ひさびさのフランス語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12701/10151706

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ男は後ろめたさに鈍感なのか:

« 決算書のお勉強 売上高営業利益率編 | トップページ | ひさびさのフランス語 »