« 工作の日 | トップページ | 大阪出張で見つけたもの »

2006/01/10

ヤルキノモト

珍しく、しっかりTVを観ました。NHKの「プロフェッショナル」。プロジェクトXの次の番組で、キャスターにあの茂木健一郎さんということなのでチェックしておこう、ということだったのですが、「”信じる力”が人を動かす」というテーマはつまりどうやってモチベーションをあげるかってことで、たまたま朝見たメルマガの記事にもモチベーションについて載っていたのでグッドタイミングでした。

番組の中では任せると、人は楽しみ、動き出すということばが何度か出てきました。「そうなんだよね・・・任せてもらえれば、やると思うよ・・・誰だってね・・・」と自分に当てはめてみるとこんなツブヤキになってしまうのはどういうわけなんだろうとも思いますが。(-_-;)

多分、今回出てきた方の会社には、応募が殺到するような気がします。

で、今朝読んだという記事についても書いておきます。
モチベーションエンジニアリングによる企業革新の5回目です(※無料ですが、登録しないと中は読めません)。
どのようなことにモチベーションがあがるのか、タイプ別の診断が出来るようになっているのですが、ちょっと自分がやってみました。

私の大きな傾向は2種類ありました。
一つ目はこれ。

様々な知識を吸収したい。
自信を持ちたい。
無計画な状態を避けたい。

そして二つ目。
新しいものを生み出したい。
自分の個性を理解されたい。
同じことの繰り返しを避けたい。

多分、「くらし良くなれ」や「宿題メール」なんかは上記の欲求が満たされるので、喜んでやってしまうのでしょうね。

逆に、モチベーションがダウンするのはこんなとき。
一貫性の無い矛盾した指示や期待にさらされた時
・・・部門の事務作業を一手に引き受けつつ、新規開拓して一人前に売り上げを上げてこいって言われたときのことかな~
形だけの手続きや煩雑なルールに即した仕事をしなければならないとき
・・・書くのが面倒な上に、その書式しかチェックされない報告書をずっと書けって言われたときのことかな~

・・・他にもいろいろシチュエーションが思い浮かんでしまった・・・orz
これ以上ここに書くとドツボにはまりそうなので、やめときます。(~_~)

|

« 工作の日 | トップページ | 大阪出張で見つけたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12701/8162795

この記事へのトラックバック一覧です: ヤルキノモト:

« 工作の日 | トップページ | 大阪出張で見つけたもの »