« 違う道を選んだとき、大事なことに気づく | トップページ | インフルエンザの猛威 »

2006/02/09

和太鼓

今日の日経の夕刊に、和太鼓が人気だと書いてありました。前々回の記事に和太鼓やりたいーと書いたのでグッドタイミングです。「町おこしに貢献 ストレスも解消」などと書いてあります。なんと肩こりにも良いらしいのです。慢性肩こりの私にとってはなかなか良いニュース。
・・・だけど、近隣ではゼンゼン教室がなさそうです。名古屋まで行けばあるみたいですが。和太鼓といい、カルトナージュといい、私がやってみたいと思うことってまだ岐阜ではマイナーすぎてしまうようで。(~_~)

↓はつくさんへの個人的な連絡事項です。Fronton(古代建築の切妻壁)の種類についてフランス語の辞書に載ってた絵。自分で書いてても良く分かりませんが。
NEC_0001


|

« 違う道を選んだとき、大事なことに気づく | トップページ | インフルエンザの猛威 »

コメント

うちの方は、保存会かなんかあるみたい。
保育園にも指導に来るし、
運動会でも披露してくれたよ。
大垣でも安井地区だけでしょうか。
ないのかな、岐阜では。
ありそうなんですけど。
かっこいいよね。

投稿: あかね | 2006/02/10 20:41

大垣、探してみました。ありました。

もしかして、ココ↓でしょうか。
保育園に来てくれるなんて、いいですね~。http://happy.ap.teacup.com/applet/wadaikoaun/msgcate1/archive

改めて探してみたら、「日本太鼓連盟」という団体を見つけました。辿っていくと意外と近いところに団体発見。探し方がまずかったんですね。(^^;
http://www.nippon-taiko.or.jp/

実際、一歩踏み出すにはもう少し決断が要りますが…。

投稿: ぐれ | 2006/02/10 21:44

そうです、「あうん」さんでした。
思い出しました。

一歩踏み出してみてはいかが?
ぐれさんが発表するときには
宿題会員募って応援に行きましょう!

投稿: あかね | 2006/02/11 09:07

写真ありがとうございます。

我が子が通ってた保育園では園児に和太鼓をやらせてました。鼓笛もあったので、鼓笛と和太鼓で年中色々なイベントで披露の場があって、それはそれは親は大変でした。

有料のイベントなんかは、親は入場券を買わないと入れないので「強引な入場者水増し作戦だなぁー」とちょっと感心しました(笑)

って、そういう和太鼓じゃなくて、もうちょっと本格的なやつですよね。

大垣といえば大垣工業高校?の和太鼓はかなり上手ですよ。

投稿: つく | 2006/02/11 09:46

>あかねさん
練習の時間を確保するのが大変かなぁと思ってるのですよ。今、月曜日の夜がフランス語で、見つけた太鼓クラブ?は火曜日の夜。週2回習い事に出かけたら、更に飲みに出る時間が確保できないのでは!?(この裏で、ktbkには残業もせず早く帰ってきてもらわないということです) 欲張りなことはなかなかできませんね。子どもたちがもっと大きくなればいいのでしょうけど。
でも、いろいろパズルのように組み合わせて可能性を探ってみます。

>つくさん
やはり大垣は太鼓が盛んなんでしょうか。保育園児が出るとなれば親や祖父母もくっついてきて、確かに入場者は増えますねぇ。子ども一人あたり4~5人の所もあるかもしれませんし。

私の場合は、保育園レベルからでOKです。(笑)

投稿: ぐれ | 2006/02/11 12:13

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和太鼓:

« 違う道を選んだとき、大事なことに気づく | トップページ | インフルエンザの猛威 »