« ようやく連休 | トップページ | がんばりました »

2006/05/04

公共交通機関でお出かけ

ガソリン高騰の影響ではないですが、電車とバスなどを乗り継いで出かけることにしました。

目的地は多治見のこども陶器博物館
ディック・ブルーナ展をやっているということと、そこでは絵付け体験ができるということで、子どもたちも興味を持つかなぁと思いまして。

JRで多治見まで出て、それからバスに乗り換え。バスが1時間に2本くらいしかなかったのですが、なんとか待ち時間15分以内で納まりました。(^_^;) バスを降りてからもどこへ行けばいいのかわからないような感じでしたが、「美濃焼団地前」というバス停の名前のとおり、「美濃焼団地」が広がっており、そこのはじっこに目的の場所はありました。

五味太郎さんやブルーナさんの絵が出迎えてくれる建物で、がらーんとした団地の中の、そこだけが賑わってました(あ、織部本社前もちょっと賑わってたかな)。(^_^;)

入ったら早速絵付けへ。
絵を描きたい器を選んでから、鉛筆で下書き、顔料で色つけ、という順番です。要所要所で係の方が丁寧に教えてくださるので、やり方で悩むことはありませんでした。

P1010293s

小さい子はクレヨンで絵を書く方法もあるということでしたが、「もな」も頑張ってみんなと同じように絵を描きました。
出来上がりは1ヵ月後。送ってもらうように手続きしましたが、楽しみです。

P1010297s
↑エレベーターの扉もこんな感じ。さる・るるる

その後は館内をぐるっと回りました。
ディック・ブルーナ展は思ってたよりもこじんまりとしてましたが、子供向けのパンフレットがあったり絵本が並んでたりして、子どもたちはそれぞれ楽しんで見てました。

子ども用お茶碗が並んだ部屋では、いろんなキャラクターの絵があり、中には、その柄でご飯食べて美味しい?(妖怪系)と思うようなものや、それは子ども用キャラじゃあないでしょう(スペースコブラとか)、という、ツッコミいれたくなるようなものもあったりして。最新のものでは、プリキュアなんかも並んでました。
かなり古いものでは鉄カブトの絵があったりしましたが、時代を表しているようです。

そんな感じでお昼の時間をかなり過ぎてしまい、近くのうどん屋さんで腹ごしらえをしてから駅へ。

そこから「オリベストリート」という、焼き物の町並みへ歩いて行ってみました。「ひな」は今年は社会の授業「岐阜県」について習うことになってるので、岐阜県についての教科書と地図帳を持たせて来ていました。行きの電車の中で「多治見は焼き物の町」という予習をしていたので、実際のオリベストリートのお店では焼き物の店などがたくさん並んでいるのを見て、実感できたようです。

P1010300s
たじみ創造館ではコーヒーの自販機の横に、移し替え用のカップが用意されてました。紙コップより美味しいよ、ということのようです。並んでおいてあるほかにも、温めておいてあるカップもありました。

散策した後、今度はききょうバスというコミュニティバスに乗って帰りました。結構歩いたのでみんなちょっとお疲れ気味でしたし。

帰りも同じようにJRに乗って戻りました。太多線を使っても面白いかなぁとは思ったけれど、ちょうど1時間に1本の岐阜行きが出たばかりだったので諦めました。電車代とかを考えると車で行ってもたいした違いは出ないのかもしれませんが、ktbkは寝られるし、親子の会話も多少弾むのでこれも面白いかなと思います。

私の友達が住んでたり、ktbkの同僚が沢山名古屋まで通っていることを考えれば、多治見へ観光というのもヘンな感じがしますが、あまり行ったことの無い町って面白いです。

|

« ようやく連休 | トップページ | がんばりました »

コメント

去年のGWに陶器博物館行きました!!絵付けはしなかったですけど、楽しかったですねー子供やミッフィー好きとかには楽しい所ですよね。でも、あの場所に交通機関で行ったのはお疲れ様でした☆家族で電車に乗るのもいいですね~

投稿: ぽん酢 | 2006/05/06 10:44

>ぽん酢さん
やっぱり「あの場所に」という感じなのね。窓から外を見たら森だったしね。
絵付け、結構楽しいので次に機会があればオススメです。

投稿: ぐれ | 2006/05/06 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12701/9915266

この記事へのトラックバック一覧です: 公共交通機関でお出かけ:

« ようやく連休 | トップページ | がんばりました »