« 水 | トップページ | 「もな」の才能 »

2007/01/27

柳津資源ステーション

ここんとこ通販で本棚などを買っている関係で、発泡スチロールが山のように溜まってました。
市内の発泡スチロールの収集は月1回、平日の午前中に公民館に持っていく仕組みなので我が家の生活スタイルからはどうしようもなかったのですが(朝7時からやってたってツライ)、柳津近辺に住む同僚から耳より情報。

柳津資源ステーションというところでは曜日関係なしに資源ごみの持込ができるらしい。

ということで早速たくさん積み込んで行ってきました。

事前の情報では公式HPらしきものは一つしか見つけられませんでした。柳津町と岐阜市が合併した頃に完成したようで、もともと柳津町のものだったからかもしれませんが。でもこういうところを岐阜市のHPできちんと紹介してないというのもどうかと思います。

で、行ってみると、なかなかスゴイ。
それそれコーナーが分かれており、係の方が間違えないようにいろいろ教えてくれます。市内では日ごろ燃えるゴミにしかできなかったプラスチックゴミもここでは回収してくれてました。微妙に違うのは、まだ統一できてないからでしょうか。

P1020502.JPG

P1020506.JPG

建物自体も太陽光発電をしていたり、ゴミについての勉強ができるコーナー、不要品を引き取ってもらうためのコーナーなどもありました。

P1020497.JPGP1020498.JPG

「ひな」はデジカメで写真を撮りまくってましたが、それを見た係の人がいろいろ話をしにきてくれて、いろいろお話を聞くことも出来ました。

まだ本棚を買い足す予定なので、またココにくることになることでしょう。(^_^;)

 

|

« 水 | トップページ | 「もな」の才能 »

コメント

中日新聞にココのことが取り上げられてました。
やはり合併前の柳津町が作った施設のようです。岐阜市では古新聞などを自治体などが資源回収をして運営資金に回したりコミュニティ(ゴミュニティ)として役立っているので今のやり方を変えたくない、という考えがあるようです。
旧:柳津町地区では資源ゴミの大半がここに持ち込まれているということで、このやり方を取り入れると岐阜市のコミュニティが崩壊するのを恐れているということ。

そもそも地域コミュニティに今も無理して参加してるような我が家は、柳津方式にさっと流れちゃいそうですけどね。

投稿: ぐれ | 2007/02/10 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12701/13710742

この記事へのトラックバック一覧です: 柳津資源ステーション:

« 水 | トップページ | 「もな」の才能 »