« TOEIC模試 | トップページ | 湿潤治療 »

2007/07/08

搾取と浪費

少し前、会社から搾取され、その上自分自身を浪費されているような感じがしていました。それがイヤでイヤで抜け出したいと思っていました。
今、浪費の部分は和らいだような気がするので少し落ち着いてはいるのですが、搾取は相変わらず続いているようです。
今回、私がそう勝手に思い込んでただけではなくて、世の中全体がそのような流れになっていることが分かりました。搾取してたのは「会社」だけじゃなくて「社会」だったようです。「社会」全体から見れば、「浪費」も、やっぱりされてます。困ったものです。

 

上記の本を紹介され、著者の一人、本田由紀氏について検索していたら、「「家庭の教育力」のまやかし」 という朝日新聞に載った記事に行き当たりました。

こちらでは記事の画像も載せられていますので、勝手にリンクさせていただきます。m(__)m
http://se-lifestyle.at.webry.info/200701/article_21.html

皆、吸い取られてクタクタになりながら暮らしてます。
働く母親なんて、時間が全然無い中で、更にプレッシャーかけられてます(「もな」の忘れ物が多いのも、傍から見れば私の所為です。「ひな」の時とおんなじなのに今回だけ責められます)。だからといって仕事は辞められないんですけれど。
仕事だけでくたくたになってる親を見て、「ひな」が「大人って大変。小学生がやっぱりラク」と言い出してしまったので、何とか将来に希望をもたせてやりたいとは思ってるのですが、どうしたらいいんでしょう?? とりあえず「かーちゃんたちが頑張って世の中を変えてくから」と大きなこと言ってしまいましたが。(^^;;;;

|

« TOEIC模試 | トップページ | 湿潤治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12701/15719643

この記事へのトラックバック一覧です: 搾取と浪費:

« TOEIC模試 | トップページ | 湿潤治療 »