« 猫2日目&懐かしい場所 | トップページ | 猫4日目&夏休み »

2007/07/22

猫3日目&「迷走する両立支援」

タビちゃん・クロちゃんが来て3日目です。

朝になると昨日と同じ、2階の階段を上がった棚の所へ移動して、1日隠れています。
写真はフラッシュ焚いてますので、ホントはもっと暗いところです。
一度1階に連れて行ったけれど、すぐにまた戻ってしまったとか。
トイレを近くに置いてなかったので、人間用トイレの近くに「大」が転がってました。(^_^;) 近くにあれば、ちゃんと猫用トイレ使ってます。エライエライ。

P1030201S.jpg
暑かったのか、こんなカンジで配置されてます。

P1030204S.jpg
写真撮ろうとしたら薄目をあけて反応。シャーとか言ってます。

P1030205S.jpg
こっちはまたすぐにぐっすり。

夜にまた1階に戻しましたが、子ども達が寝て静かになると、2匹で追いかけっこしたり、座布団かじったり、カーテンにぶら下がったり…。カーテンにぶら下がるのは、もっぱらタビちゃん。カーテン、あちこちヒキツレ始めました。(+_+) 二匹とも、リボンでかまってやると、くいついてきます。猫だー♪ 私の足の指の動きに反応するところは、まだ子猫♪
昨日よりは、ヒトのそばに来てるかも。

---

下の本、借りてきて一気に読んでしまいました。

自分の置かれている状況がかかれています。声に出しにくいことが、ここにはちゃんと書いてあって、泣きそうになります。私がこの10年間言えなかった事を、代弁してくれてます。そう、ここに書いてあること、会社には私の意見としてはなかなか言えません。強気の発言もするときもありますがそれでも。
そして、家庭内。まだ私は夫婦の会話ができている方だとは思いますが(お互いに全て分かり合えているとは思えないですが)、それも出来ていない家庭も多いかもしれません。それぞれの立場の間に、溝があります。

第3章では働く親は「市民」になれるかというテーマです。保育所が民営化されるときの流れと現実が書かれています。岐阜でも少しずつ民営化の動きになっています。本に載っていた、年度途中で民営化してしまって先生が総入れ替え、なんて事は起こらないと思いますが、3年後に民営化すると予告されているのであれば、今3歳未満で通っている子ども達からすると、途中で先生が総入れ替えになるわけです。保育所に通わせている親からすると、抵抗して当たり前。せっかく今の保育所のやり方に慣れたのに、どんな運営をするか分からない団体に変わってしまうなんて。そのあたり、保育所を引き継ぐ団体の責任は非常に大きいです。保育内容が良くなる、といっても、その家庭にとってはそれが正解とは限らないわけで。

アメリカも、迷走しているようです。アメリカを追いかけている日本が迷走しないはずがないですが、日本ではまた独自の風土があるようです。
この本を読んでいると、何が正解か分からなくなってきますが、それでも、私たちはより良いものを求めて走りつづけることになるのでしょう。

この本買っておいて~。>ktbk

|

« 猫2日目&懐かしい場所 | トップページ | 猫4日目&夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12701/15850167

この記事へのトラックバック一覧です: 猫3日目&「迷走する両立支援」:

« 猫2日目&懐かしい場所 | トップページ | 猫4日目&夏休み »