« 「人間の行動は思考の最上の通訳者だ」 | トップページ | フリービット系? »

2009/08/06

文具

文房具を最後まで使い切るのが好きです。

貰ったボールペンを最後まで使うとか。
鉛筆を、削れなくなるまで使うとか。
消しゴムを持てなくなるまで使うとか。

(だから、すぐに消しゴムでも何でも失くす「もな」には厳しいです。逆に、新品のメモ帳や付箋は最低限しか使えない。)

そういうわけで普段あまり文具を買わないのですが、今回、消せるボールペンに食指が動いてまとめ買い。
もとになったのはこの記事。
消せるボールペンと文庫本ノートを使う5つの理由

買ったのはパイロットのFRIXION POINT 04。基本的に、細めのペンが好き。

修正液使わずに済むのは楽だし、カラフルで、いろいろ面白そう。
ちなみに記事に出てた「文庫本ノート」も持ってます。

普段買わない私が手を出すモノは、厳選されてるはず。笑

|

« 「人間の行動は思考の最上の通訳者だ」 | トップページ | フリービット系? »

コメント

こんにちは。私も文具を最後まで使うのが大好きです。
職場の楽しみのひとつです。
フリクションポイントというボールペンは
知りませんでした。
今度お店で探してみます。
安くて使いやすいのが一番ですよね!!

投稿: あき | 2009/08/06 04:59

>あきさん
ここにも同じ趣味(?)の人が!
職場の楽しみ、でもありますね。とはいっても手書きが減ったので減りも遅いんですけれど。
文具を使うために勉強してたりして。(笑)

最近のライフハックの流行でいろんな情報が出てるので、助かります。

投稿: ぐれ | 2009/08/06 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12701/45848081

この記事へのトラックバック一覧です: 文具:

« 「人間の行動は思考の最上の通訳者だ」 | トップページ | フリービット系? »